Intel Rapid Storage Technology RAID5の書き込みパフォーマンス

手元に中途半端な容量のHDDが数本あり、使い道ないかとIntel RSTのRAID機能でRAID5を組んでみた。2TB、2TB、3TBという組み合わせなので3TB HDDも2TB扱いされて4TB相当のボリュームができあがった。最低限の耐障害性はあるし、多少遅くてもここにデータを放り込めときゃいいなぁ、と思ったのだが、非常に速度が遅く、これは我慢するにしても厳しいわ・・・・ということになったので記録しておく。

 

OSはWin10 pro、メモリ8GB、ディスクは3.5インチHDDメーカーはSeagate、WD、WD。

 

RAID構成は以下のとおり。組み合わせに計画性はない。余ってたやつだし。

f:id:gasguzzler:20181014104914p:plain

 

設定は多少いじってみたけど大差なかったので安全めに振ったつもり。

3TBのディスクはちょっと怪しい挙動もあるんだけど、今のところエラーはなし。その程度のデータしか入れない、てことです。

f:id:gasguzzler:20181014105420p:plain

 

で、これがデータコピーしてるときのスクリーンショット。11.1MB/sとなってるけど、8~18MB/s辺りをうろうろして、大体均すとこれくらいの平均値になると理解している。

f:id:gasguzzler:20181014105652p:plain

 

コピー中のタスクマネージャ。例示しているコピーは一つ数百MBのファイルを連続的にコピーしておりシーケンシャルライトといって差し支えないと思う。具体的には図のディスク2からディスク1(RAIDボリューム)へコピーしており、ディスク2がヒマしているのと比べディスク1はもう、いっぱいいっぱいの状況。これが現実の性能のようだ。

f:id:gasguzzler:20181014105818p:plain

 

ファイルコピーをキャンセルしても十数秒、RAIDボリュームへの書き込みは継続された(ディスク2のアクティビティは0%)。キャッシュされてるデータを一生懸命終わらせようとしている挙動。

キャッシュはキッチリ働いてて、書き込み始めた直後は80MB/sとか、見た目的には出る。すぐ、下に張り付くけど。

f:id:gasguzzler:20181014105946p:plain

 

ということで超適当な評価だが、遅いと言い切るには十分なネタと思いますのでご査収ください。

RAID1構成のDS216j HDDを交換する

 DS216jのHDDに不良セクタが発生したので新しいHDDに交換した。まだ普通に使えているが、状態(不良セクタ数)がじわじわ増え、システムからのメッセージも警告から故障とハッキリ変わったので重い腰を上げて交換実施。

DSMにログインするとまず表示される。

ドライブステータスが異常です

f:id:gasguzzler:20180917213916p:plain

酷く劣化しています

f:id:gasguzzler:20180917214101p:plain

 

ダメになったのはWDのWD30EZRZ。もう一つはSeagate ST3000VN。確かわざとメーカー違いにした記憶。

f:id:gasguzzler:20180917214457p:plain

健康状態を見ると、直ちに交換してくださいと注意される。

f:id:gasguzzler:20180917214630p:plain

ログを見ると8月13日を境に警告がエラーに変化していた。メッセージは明確に「ドライブが故障しました」となる。但し、この状態でもHDDそのものはオンラインでHDDが止まって縮退モードに入っているわけではない。バッドセクターも代替セクタに置き換えられている、はず。

f:id:gasguzzler:20180917214847p:plain

 

HDDを交換する。

今回エラーとなったのはWesternDigitalのBlue HDD。PC用の一番安いやつですね。一方、問題の出ていないSeagate製はNAS用のものを買っていた。ケチった方が死にかけてNAS用がキッチリ仕事している状況。にもかかわらず代わりのHDDはSeagateのPC用を買ってしまった。

サクッと交換して起動。

起動するとピーピーうるさい

f:id:gasguzzler:20180917220640p:plain

いったん警告音をカット

f:id:gasguzzler:20180917220716p:plain

この時点で明確に縮退運転モードに入っていることがわかる。

f:id:gasguzzler:20180917220906p:plain

ストレージマネージャーからストレージの修復を選択。

f:id:gasguzzler:20180917221040p:plain

ディスクの選択に入れ替えたドライブが出てくる。そのまま進める。

f:id:gasguzzler:20180917221115p:plain

新品に元のデータが同期されるから当然消されます。空っぽだけど。

f:id:gasguzzler:20180917221140p:plain

準備ができたみたいなので適用。

f:id:gasguzzler:20180917221159p:plain

 ステータスが修復中に変化した。相当時間がかかりそうです。

f:id:gasguzzler:20180917221327p:plain

 

なんだかちょろちょろ関連するっぽいメッセージも出てきて・・・

f:id:gasguzzler:20180917221426p:plain

f:id:gasguzzler:20180917221559p:plain

システムは健康を取り戻したのです。

f:id:gasguzzler:20180917221653p:plain

f:id:gasguzzler:20180918230520p:plain

 後はほったらかしにしたが翌日思い出して見てみたらリビルドは完了していた。NAS本体が壊れない限り、RAID1での運用~縮退からの復旧は簡単でよくできた製品だなと思う。NAS本体が壊れた場合、ext4しかもRAIDパーティションとなっているので、復旧するのは面倒そうだ(できないことはない)。

インドネシアで050plusが使えた

検索しても情報なかったのでメモしておく。

2018年6月に確認できた実績。

日本国内で正規販売されるSIMフリースマートフォンにインストールされたIP電話アプリケーション、050plusにおいてインドネシア国内で受発信、通話ともに可能であった。ホテルのwifi、現地通信会社提供のモバイルネットワーク上、共に利用可能であった。

 

郵便局から不在配達の電話かかってきたし。

現地の宛先に電話するのではなく日本国内との連絡手段を確保するにはよい方法だと感じている。インドネシア国内へかけると国際通話扱いになるが1分45円で安くはないがドコモでローミング(75円/分)するよりは安い

ラーメン横綱の明太マヨチャーハン

自分はラーメン横綱のラーメンが好きだ。大好きだ。

そのラーメン横綱のサイドメニューに、「明太マヨチャーハン」がある。

 

www.4527.com

上のメニューの鉄板チャーハンに明太子とマヨネーズをのせたものだ。生卵も配膳され鉄板に回しかけるようになっている。

ラーメンにネギぶち込んでれば基本満足できていたのだが、「チャーハンが食べたい」という同時期に生じていた情念が発起され、気がついたらこれをオーダーしていた。

ビジュアル的にはなかなかうまそうに見える。明太子美味しいよね。

で、食べてみたけど、次はないかな・・・

生卵(調味料が混ぜられている模様)を鉄板に回しかける、これは演出としてはいいのだけどそれがこのメニューにおいて何の役割があるかといえば見た目以上のものはないといえる。残念ながら。鉄板で卵が焼けるんですよ、ジュゥってね。でもそれだけなんだよね。

卵の存在を殺す、いや全ての存在を破壊するのが当メニューの目玉である明太子とマヨネーズだ。熱々のチャーハンにこの明太子とマヨネーズを混ぜて口に入れると・・・・

 

明太子とマヨネーズの味しかしない

 

煮えた卵を混ぜてみようが何だろうが変わりゃしない。炒めた塩風味のご飯に主役として存在を主張する明太子とマヨネーズ味。これがこのメニューの正体である。

明太子も美味しい、マヨネーズも美味しい、卵も美味しい、チャーハンも美味しい!

でも全部混ぜたらよくわからないものになりました、ということを学んだので次回からはまたラーメン並にネギをたくさん入れて楽しむ横綱ライフに回帰したいと思う。

NEC Aterm WG1200HPを中継器およびEthernetコンバーターとして使う

買い換えにより使用しなくなったWG1200HPをコンバーターとして使うためのメモ。
以下サイトが一番参考になった。一方でNECの公式ドキュメントは非常にわかりづらい。

www.akakagemaru.info

前提となる環境

モバイルWi-Fiルーターの電波を屋内全体で使用、かつ有線ネットワーク機器も接続した。今回は格安SIMを挿したNexus5をテザリングモードとし、この電波をWG1200HPで中継する。またWG1200HPの有線ポートに接続した機器も同一ネットワーク上で通信できるようになる。なお、当方は設定を優先接続したPCから行っている。

実際の手順

  1. WG1200HPをコンバーターモードに切り替え
  2. 本体裏スイッチをCNVへ切り替える。
  3. らくらくスタートボタンを押しながら電源を投入する。
  4. 本体のconverterランプが緑点滅になったらOK
  5. PCを有線で接続する。IPアドレスDHCPのままでOK。
  6. "http://192.168.1.245/"に接続。
  7. 基本設定からSSID検索し、Wi-Fiルーターと接続する(SSIDとパスワードが必須)。
  8. 親機トの接続シーケンスに入り、再起動まで行われる。
  9. 再起動完了後、中継器側に接続できるようになっている、

備考

  • 中継器側は2.4GHz、5GHzいずれの電波も出すことができる。
  • 親機との接続後、中継器の設定を細かく操作するには中継器側のIPアドレスが必要。スマートフォンAtermスマートリモコンアプリがあればIPアドレスがわかる。

まとめ

本家のドキュメントがわかりづらく、せっかく機能があるのに使いづらいが設定できれば有線機器を含め安定してインターネットに接続できる。今回はAndroidスマートフォンテザリングを中継しているが、そのせいかたまに応答なしになったりするが、なんとか実用には耐える印象である。なお、過去同様にWiMAXモバイルルーターを使ったときはもっと安定していた。