garmin のLiveTrack 使用リポート

前置き

ランニングウォッチに長らくお下がりのSUUNTO Ambit Sを使っていたが、充電用接点の接触が悪化し充電がままならず、ワークアウトログのアップロードもPC接続前提なので面倒くさい。で、ガーミンのForeAthlete 235Jを購入した。

LiveTrack

garminの機能の一つに、LiveTrackというものがある。現在いる場所をあらかじめ指定した先に通知することができるので、走りに行って帰ってこないとか、今どこにいるとかを知らせることができる。

機能の設定の仕方を書いたサイトはたくさんあるのだが、実際使うとどうかのレポートが全然ないので自分で書くことにした。

大前提

当たり前なのだがランニングウォッチ自体にはBluetooth機能しかないので、経路アップロードするための通信機能が必要、つまりBluetooth接続したスマートフォンを持って走ることになる。

通知

スマホにインストールしたGarminConnectのメニューから通知先を選択する。メールで送るのがいいと思う。Twitterにシェアもできるようだがそれは今回の目的とは違う。設定方法が直感的とはいえずわかりづらいが、まぁなんとか設定できるだろう。

宛先に設定したメールアドレスには、ワークアウト開始直後、メールが送信される。送信されたメールのリンクを開くと今どこにいるか、どのような経路をたどっているかがわかる仕組み。設定を保持することができるので、変更がなければ毎回ワークアウト開始時に同じ宛先に通知を送ることができる。

実際の画面

初めて使ったときの画面がこちら。

f:id:gasguzzler:20190623192314p:plain

Garmin LiveTrackの画面例

まず、途中で切れてしまっている。そして地図の精度が悪いためと思うが、海の中を走っている。GarminConnect本体ではGoogleMapの地図が使われているがLiveTrackでは別の地図のようだ。道路の再現性もハッキリいって使えないレベルなのだが衛星写真だとキッチリ合っていることが確認できた。

初回は残念ながら途中で止まるという残念な結果だったが、その後3回くらい使ったときは全てスタート to エンドでトレースできていた。また、上部の速度や時刻も正しく表示されていたことを付け加えておく。

スマホの消費電力

使用したスマホはJelly Proなので一般的とはいえないが、1時間少々で15%くらい減っていたが、まだ数回しか使っていないので今後も傾向を見ていきたい。

まとめ

もう少しまともな地図ならいいのだが、最低限今どこにいるかを知らせることはできるので、追加料金なしの標準サービスということであれば合格といっていいのではないだろうか。二輪車ツーリングでも使えるかも?

ぷららのレンタルルータWN-PL1167EX01は地雷

ぷらら光でIPv6を使おうとするとルーターを無料でレンタルできるのだが、貸してもらえるIO DATAのWN-PL1167EX01、なんとLAN側速度が100Mbpsとなっている。NASとか有線LANの機器使っているもろにボトルネックになるので注意が必要。

凶悪なことにこのルーターとドコモ光ルータ01以外対応していないので*1IODATAを選ぶと嵌まる。なお、ドコモ光ルータ01はNEC Atermをベースにしているようで1000BASE-Tにも対応している模様。

f:id:gasguzzler:20190623155452p:plain

当初ぷらら光でIPv6を使うにはIPoE方式としてtransixに対応できていれば問題なさそうと考えていたのだが、transixとMAP-E方式が混在しているらしくtransixに対応できているルーターであっても繋がる保証はないらしい。自分はIIJ mioひかりを使っていた関係でWN-AX1167GR2を持っていたのだがぷららでは繋がらなかった。その辺の事情以下のブログに詳しい。

sptk000106.hatenablog.com

対象ルーターが増えてるんですが

あれ?WN-AX1167GR2はファームウェアアップデートで対応できるってこと?押し入れにしまってるんだけど。

というわけでWN-AX1167GR2で再挑戦することになりそう。

以下は元々見ていたYahooブログだが既に跡地とのこと。廃止だもんな。

blogs.yahoo.co.jp

*1:どうも2019/06/23現在対応ルーターが増えてるっぽい、後述

HONDA CBR650R 試乗

HONDA CBR650R

HONDA CBR650Rに試乗してきた。NINJA1000に感じる不満が解消できるならば乗り換えちゃおうかなあぁなんて思いながら見に行ったが、結論としては見送り。

NINJAで大いに不満なシフトフィールはさすがはホンダ車、文句なし。まさにスイッチ。エンジン回転の滑らかさもまさにモーター。CBR650R乗ったあとNINJA運転するとガラガラ壊れるんじゃないのこれ?って感じだよ。車重も200キロ切ってるので取り回しも楽ちんだ(Ninja1000はは235キロ)。

 

ネガティブポイントは次のとおり。当然だが欠点ではなく自分が求めるものと違った、ということ。

前傾がきつい

CBR650Fからしてもハンドル位置は遠く低くなったという。CBR1000RRなどと比べればツーリング寄りではあるんだろう。しかしNINJA1000と比べれば結構低い。前傾の度合いは、特に載りたいと思った車両だと「なんとかなるんじゃないかな」と妥協してしまいがちだが結局後悔することになる。

小さい

2台を並べてみたのだがボリューム感が全く違う*1押し出し感、大型二輪!というインパクトと元々見た目が気に入っていることもあってNinja1000。その分、重いんだけど。

f:id:gasguzzler:20190623151505p:plain

 燃料タンク容量

ボリューム感の違いは燃料タンク容量にも影響。4リッターは結構影響あるが、CBRは燃費よさそうだからそこまで大きな差にならないかな。

  • CBR650R 15L
  • Ninja1000 19L

ということで、割とハッキリと乗り換えても仕方ない、と感じられたのですっきりした気分で帰途についた。
なお、出力については比べても仕方ない。排気量6割増は伊達じゃない。

CBR650Rは見送りだが、展示してあったX-ADVは悪くない。検討するとしたらこちらだね。

www.honda.co.jp

 

*1:写真が下手だとそう見えない。生で見ていると「Ninja大きいね~」or「CBRコンパクトだね~」と一目でわかる。

ThinkPad X1 Carbon 5th gen(2017) と Anker PowerPort Atom PD 1の組合わせはNG

USB C PDの充電器を新調

ThinPad X1 Carbon 5th gen、第5世代、イヤーモデル的にいうと2017になる。私のThinkPad。Ankerから超小型のUSB C PD対応充電器が発売されたので同じくAnkerのPD対応ケーブルとセットで購入した。

モデル名は「Anker PowerPort Atom PD 1」。

結果

使えなかった!悔しい!残念!

起動時のPOST画面(今どきこういうかわかんないけど)で警告画面、Windows起動時も警告ダイアログが表示される。いずれもスキップ可能。

f:id:gasguzzler:20190604235739p:plain

電源投入時の警告

f:id:gasguzzler:20190604235550p:plain

Windows起動後の警告画面

実際の動作状況としては以下のとおり。

AC駆動 → NG

OFF時、およびスリープ時の充電 → OK

Amazonのレビューを見るに、2018(6th gen)なら30Wアダプタと認識した上で動作するらしい。

残念ですが2017モデルの人は買ってはいけません。

旅行で使いたかったんだけど、充電だけでもできるなら割り切ってこれでもなんとかなるかなぁ。残念。

Intel Rapid Storage Technology RAID5の書き込みパフォーマンス

手元に中途半端な容量のHDDが数本あり、使い道ないかとIntel RSTのRAID機能でRAID5を組んでみた。2TB、2TB、3TBという組み合わせなので3TB HDDも2TB扱いされて4TB相当のボリュームができあがった。最低限の耐障害性はあるし、多少遅くてもここにデータを放り込めときゃいいなぁ、と思ったのだが、非常に速度が遅く、これは我慢するにしても厳しいわ・・・・ということになったので記録しておく。

 

OSはWin10 pro、メモリ8GB、ディスクは3.5インチHDDメーカーはSeagate、WD、WD。

 

RAID構成は以下のとおり。組み合わせに計画性はない。余ってたやつだし。

f:id:gasguzzler:20181014104914p:plain

 

設定は多少いじってみたけど大差なかったので安全めに振ったつもり。

3TBのディスクはちょっと怪しい挙動もあるんだけど、今のところエラーはなし。その程度のデータしか入れない、てことです。

f:id:gasguzzler:20181014105420p:plain

 

で、これがデータコピーしてるときのスクリーンショット。11.1MB/sとなってるけど、8~18MB/s辺りをうろうろして、大体均すとこれくらいの平均値になると理解している。

f:id:gasguzzler:20181014105652p:plain

 

コピー中のタスクマネージャ。例示しているコピーは一つ数百MBのファイルを連続的にコピーしておりシーケンシャルライトといって差し支えないと思う。具体的には図のディスク2からディスク1(RAIDボリューム)へコピーしており、ディスク2がヒマしているのと比べディスク1はもう、いっぱいいっぱいの状況。これが現実の性能のようだ。

f:id:gasguzzler:20181014105818p:plain

 

ファイルコピーをキャンセルしても十数秒、RAIDボリュームへの書き込みは継続された(ディスク2のアクティビティは0%)。キャッシュされてるデータを一生懸命終わらせようとしている挙動。

キャッシュはキッチリ働いてて、書き込み始めた直後は80MB/sとか、見た目的には出る。すぐ、下に張り付くけど。

f:id:gasguzzler:20181014105946p:plain

 

ということで超適当な評価だが、遅いと言い切るには十分なネタと思いますのでご査収ください。