CX-5のアライメント調整

CX-5の直進安定性はイマイチな気がする

CX-5(KE2FW、初期型後期)に乗っててずっと不満だったのが直進安定性だった。どうしても左に流れる。道路がカマボコ型だから~とかはわかってる。でもまっすぐ走る車はあるわけで。なお新車時点から他でのアライメント測定や事故による修理はない。

ずっと気にしつつも我慢してたが、タイヤを新品にしたのを機にアライメント測定・調整に踏み切った。

症状

常に左に行きたがる。高速道路でも微妙に右に当て舵しながら走っている感じ。
道路のでこぼこ等外乱の入力をきっかけに左にスーッと流れる。

店選び

アライメント測定やるカーショップは無数にあるが調整までちゃんとやれるところはあまりないのではないか。測定結果、NG出あることがわかっても「調整できない」となってしまっては意味がない。スポーツカーでもない限りフロントのトーくらいしか調整できない車が多いことは知っているが「やれることはやってアライメントを正常値に近づける」ノウハウを持っていそうなところを探して依頼した。

測定と調整結果

申し出事項

  • ハンドルが左流れする

調整内容

  • フロントキャスタ角及びキャンバ角(SAI角含む)の左右バランスを調整すべく、サスペンションメンバーの組み付け、ロアアーム左右の組付及びストラット&ナックル右の組付を調整。
  • フロント トータルトゥ及びハンドル・センターを調整。
  • リヤー トータルトゥ及びスラスト角を調整

f:id:gasguzzler:20200606122450p:plain

測定結果

f:id:gasguzzler:20200606122219p:plain

診断及び調整結果

運転してみてどうか

左流れの症状はかなり改善した。100%ではないがほぼ気にならないレベルになり「左に流れる」という意識を持たずに運転できるようになったので満足している。

費用

以下消費税8%込み。

アライメント測定・診断 10,800円
フロントキャンバ・キャスタ・SAI 左右バランス調整(調整機能なし特殊作業) 8,640円
フロントトゥ、ハンドル・センター調整 3,240円
リアトゥ、スラスト角調整 3,240円
割引 1,080円

合計 24,840円

NINJA1000 カワサキ純正パニアケースを個人輸入した記録

NINJA1000用の純正パニアケース

某掲示板のバイク板を覗いていたら、カワサキNinja1000(現行車はNinja1000SX)のパニアケースが高いという会話が交わされていた。いや、実際高いんだ。 

 自分が国内仕様 17年式NINJA1000を買ったとき、パニアケースは欧州から個人輸入した。かなり安かったからだ。

個人輸入にあたっては、「正しい部品を手配できるか」「発送ミスや初期不良があったらどうするか」というリスクがあり安いからといって簡単にはお勧めできない。

しかし誰かの役に立つことがあるかもしれんなと、何をどこで幾らで買ったかくらいはメモ的に書き残しておく。

買ったサイト

https://www.motorcyclespareparts.eu/

2020/06/04現在まだあった。

買った商品

【警告】価格と品番は2017年3月時点のもので価格改定、改廃が行われている可能性がある

Part number Description Q Price
99994042351PA DECO STRIPE KIT 51P GRN 1 € 26.65
100LUU0004 INTERIOR BAG SET (2X28L) 28L P 1 € 74.96
999940867 KIT-ACCESSORY,BAG FITTIN ZX100 1 € 17.50
999940407 KIT-ACCESSORY,ONE KEY SY ZX100 1 € 36.11
99994042251PA PANNIER COVERS 51P GRN 1 € 82.60
999940866 PANNIER SET 2X28L EU-VER ZX100 1 € 446.31
Subtotal € 684.13    
Total shipping: FREE SHIPPING    
Total price: € 684.13    

車両は2017年式の緑。デコストライプとパニアケースカバーは色を合わせないといけないので色違いの人は自分で調べてください。

INTERIOR BAG SET (2X28L) 28L Pは国内では純正部品として取り扱いがないのだが、パニアケースのかたちに合わせたバッグで、細々したものをキッチリ中に入れるのにとても便利。

内外価格差

1ユーロ122.52換算(2020/06/04 22:57現在)

品名 国内価格 海外価格
(ユーロ)
海外価格
(円)
価格差
パニアケースストライプ(左右セット) ¥5,280 € 26.65 ¥3,265 ¥2,015
バッグフィッティングキット ¥2,280 € 17.50 ¥2,144 ¥136
パニアケース用ワンキーシステム ¥4,673 € 36.11 ¥4,424 ¥249
パニアケースカバー(左右セット) ¥16,500 € 82.60 ¥10,120 ¥6,380
パニアケース(左右セット) ¥99,000 € 446.31 ¥54,682 ¥44,318
  ¥127,733 € 609.17 ¥74,636 ¥53,097

国内扱いのないインナーバッグは除いて試算。パニア本体の価格差が凄い。
全く同じものがここまで価格差あるのは凄い。しかも国産メーカーなのに。 

 パニアケースの凶悪なところは、本体だけではダメなところ。以下のように色々セットで買わないといけない。

 

オムロン血圧計をエネループ5本で駆動する

毎日血圧を測る

加齢と共に血圧がジワジワ上がり、降圧剤を毎日服用する生活である。よって日常の血圧を把握するため毎日、空けても2、3日に一回は血圧を測る。

使っているのはオムロンのHEM-1000、親が使わないからと大分前にもらったやつなのだが、今でも売られているロングセラーのようだ。 

HEM-1000の不満な点

血圧測定機能そのものには満足しているのだが、二次電池(エネループ)で運用したときに割とすぐ電池切れになってしまう。ACアダプターは親がなくしたということで持ち合わせていない。

単3電池4本駆動で6Vなのだが、ニッケル水素電池は公称電圧1.2Vなので4.8Vとなり、電圧降下により本来まだ電力を引き出せる状態でも早々に電池切れを検出するのではないか。

電池切れで交換したエネループをNT1000で充電すると800mAhくらいしか入らない。本来のスペックはmin.1900 mAhとかなので半分も使わないうちに電池切れ判定されていることになる。

ちなみにエネループや充電式エボルタの充電にはNT1000を使いまくりである。これは便利。 

DLYFULL NT1000 急速充電器 Ni-Cd/Ni-MH 単三(AA)/単四(AAA)
 

エネループ5本で駆動したい

ACアダプターを買えば済む話ではある。それは確かだ。Amazonでも純正品が買える。 

オムロン 血圧計用 ACアダプタ HEM-AC-N

オムロン 血圧計用 ACアダプタ HEM-AC-N

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 でもエネループいっぱいあるし、壁のコンセントは遠いし、電源タップ這わすのも嫌なんだよなぁ・・・電圧足りないなら5本で駆動すればいいんじゃない?ちょうど6Vじゃん。

部材の調達

調べたけど、電池5本のケースはほぼ存在していない。あっても6本の電池ケースの1本分をジャンパーで繋いでるだけみたい。だったら自分で6本用のケースを買ってジャンパーで繋げばいいんじゃない?でも下手なハンダ付けだと配線とかケースが溶けそう・・・と調べるうちに、ずばりダミー電池という電池の形をして導通している商品の存在を知る。

AF ダミー電池 単三(AA/14500) 2本セット AF-DB01AA

AF ダミー電池 単三(AA/14500) 2本セット AF-DB01AA

  • メディア: エレクトロニクス
 

あとは電池ケースとACアダプターの口に挿すプラグがあればいいよね。

それらは共立エレショップで調達した。

電池ケース 単3(UM-3)×6本用電池ケース SBH361A

https://eleshop.jp/shop/g/gDAB367/

L型JEITA2 DCプラグ付きケーブル/1.8m #23

https://eleshop.jp/shop/g/g646317/

DCプラグは種類がたくさんあり素人にはどれを選択すればいいか選ぶのは大変だったのだが、互換を謳うACアダプタの仕様からすると、プラグ外径4mm、内径1.7mm、プラグ長9.5mmでよいと判断した。極性はセンタープラスだ。

f:id:gasguzzler:20200603203959p:plain

ハンダごてとハンダは持っていたのだが、ハンダ付けしたあとビニールテープ巻きもなぁと思い、ダミー電池をamazonで買うついでに熱収縮チューブも買ってみた。これまで使ったことはない。 どんなサイズがあうかもわからんのでたくさん入っているのを買ってみた。

 工作開始

電池ケースとDCプラグ&ケーブル

f:id:gasguzzler:20200603204721p:plain

ダミー電池と熱収縮チューブ 

f:id:gasguzzler:20200603204608p:plain

ダミー電池を1本入れ、ちょっと寝かしていたエネループ5本の無負荷電圧は6.6V。

f:id:gasguzzler:20200603204902p:plain

4本だと5.29V、やっぱり4本だと電圧厳しい。

f:id:gasguzzler:20200603204958p:plain

DCケーブルの極性を確認。センタープラス配線するとして、白いラインが入っている方がプラス、入っていない方がマイナス。

f:id:gasguzzler:20200603205055p:plain

結線。見た目は汚いけどしっかり繋がった。熱収縮チューブはサイズを見繕い、半分にカットして事前に通しておく。

f:id:gasguzzler:20200603205326p:plain

熱収縮チューブはチャッカマンでササッとあぶると、リード線が焦げたり溶けたりすることなくいい感じで収縮してくれた。

f:id:gasguzzler:20200604232351p:plain

動作確認

プラグが小さく、センター部分にプローブを入れらなかったので、電池ケースのマイナスとプラグの外側が導通していることをテスターで確認後、血圧計に繋いで電源投入。無事、電源が入り血圧測定動作にも問題なし。

f:id:gasguzzler:20200603205726p:plain

まとめ

ACアダプターを買えば済んだ話だが、興味があったのでやってみました。

コンセントからは解放されたが電池ケースとやたら長いケーブルがくっついている・・・が一応ポータブルなのだ。これでいいんです!

熱収縮チューブ127個入りだったんだけど1個しか使わなかったし、電池ケース側のリード線(ねじっただけ)側に入れて保護すればよかったかな・・・

あとは電池が切れるまで使ってみて、どれくらい電池の電力を使い切れたか、つまり頻繁な電池切れによる電池交換(時計設定が飛ぶとその設定も・・・)から解放されたかを評価してみたい。

CX-5 リアワイパーゴムの交換

CX-5のリアワイパーゴムを交換した。フロント側は定期的に交換してたがリアはたまにしか使わないしほったらかしてたら避けてラバー部分が垂れ下がり、使えなくなってしまった。

どれくらいボロボロかというとこれくらい。両端裂けてピローンとぶら下がってる。

f:id:gasguzzler:20200315183220p:plain

裂けてぼろぼろになったリアワイパーゴム

替えゴム調達

オートバックスでリアワイパーの替えゴムを購入した。品番TN35、長さ350mm。

購入価格713円。

うちはKE2-FWだが、KE2-AWもガソリン車も同じです。PIAAブランドとかもあったけど値段が倍近かった。

f:id:gasguzzler:20200315183434p:plain

オートバックスで購入

取り外し

まず、軍手をしよう。劣化したワイパーラバーを触ると手が真っ黒になる!

ネットで調べてもブレードからラバーを取り外す方法を見つけられなかった。ブレードの両端はプラスチックのストッパーとなっており、替えゴムを引き抜くことができない。これどうやって外すの?

はい、こうしましょう。

f:id:gasguzzler:20200315185351p:plain

リアワイパーラバーの外し方

なにか仕掛けがあるのかと思ったのが間違いで、割と力で対処する方法でした。ストッパー乗り越えさせると、あとは引き抜くだけです。

取り付け

数字の順でホルダーに通していく。いったんストッパー越えさせて逆側突端のホルダーにラバーの溝をはめ込む⑤ことで取り付けができる。

f:id:gasguzzler:20200315190054p:plain

リアワイパー替えゴムの取り付け

プラスチックパーツ(ブレード部分)が絡んでいたので力押しだと壊しちゃうかな~という迷いがあったが、正解は最小限パワーで押せ!であった。

拭き上げ良好、次はまた5年後?要領もわかったし次の車検のとき交換しよう。

Ninja1000 初回車検

17年春に乗り換えたKawasaki Ninja1000(カワサキ ニンジャ1000)の車検が満了する。ユーザー車検を通してきたのでメモ。

前回はTMAX530の車検を浜松で通したので3年ちょっとぶりとなる。

gasguzzler.hatenablog.com

準備

フロントタイヤはスリップサインが出ていたのでミシュランのPower5に交換した。純正のブリヂストンS20、リアはまだ3~4分山あるので交換は見送り。

予約

 ユーザー車検の予約はこちらから。

www.yoyaku.naltec.go.jp

TMAXのときは空いていたが今回の埋まり具合を見るとかなりの混雑が予想される。

持っていくもの

  • 車検証
  • 自賠責保険証書
  • 納税証明書
  • 書き慣れたボールペンと鉛筆(筆記用具あるけど最低限なので持っていったほうがよい)

書類を作っていくもの

  • 定期点検整備記録簿

なお、前回の車検の時は「後整備」を申告し定期点検整備記録簿は持っていかなかったが今回は整備記録を作成した。

ユーザー車検を受けた体験記を見ると、定期点検整備記録簿を買ったりネットでダウンロードしたものを印刷することが多いように見受けられるが、今回はカワサキ純正?、メンテナンスノート(冊子)に点検記録を記入して持っていった。窓口でそれを渡して見てもらったが特に何も言われなかったので問題ないと思われる。複写にになってるから裏写りしないように下敷きが必要です(失敗しました)。

要らなかったもの

  • 印鑑

使用者自身が検査を受ける場合は要らないみたい。使わなかった。

 

検査当日

今回は西三河自動車検査登録事務所での継続検査。

以下はユーザ車検手続き案内。

f:id:gasguzzler:20200315102528p:plain

自賠責の更新

TMAX車検のときは併設された協会っぽい事務所で自賠責を更新したが、混雑を避けたかったのとテスター屋の様子を知りたくてすぐ近くのサカエカーテストセンターに行ってみた。ガラガラであっという間に更新が完了した。

サカエカーテストセンターで予備検査できるか

ユーザー車検でバイク(二輪)の検査できますか?と聞いたら、問題ないとのこと。直接検査ラインに並んで、検査後にお金を払えばいいらしい。1箇所1,700円とのこと。

書類の作成

事務所へ移動しユーザー車検受験者向けのガイドを探すとユーザー車検受験者の書類一式についてのそっけないガイドを発見(写真撮り忘れ)。いきなり窓口で受付するんではなくて、書類一式すべて耳を揃えてから提出する模様。すべてセルフで棚から書類を手に取り、見本を見ながら記入した。

印紙の購入

隣の建物(愛知県自動車会議所西三河事務所)に移動し、印紙を購入。うーん初見だとどうすればいいかわからないだろう。結果的には15番窓口で「二輪の継続検査用の印紙をくれ」といえばOK。

f:id:gasguzzler:20200315102350p:plain

愛知県自動車会議所西三河事務所

書類の提出

また検査場事務所へ移動し買った印紙を貼り付けて、すべての書類をユーザー車検の窓口に提出。

f:id:gasguzzler:20200315103042p:plain

記入した書類、重量税額4400円も間違ってるしはられた印紙5000円も間違い。実際は3800円。


バババっとチェックされたのだが「あなたのバイクまだ新しいよね?重量税の金額が間違ってるよ。5000円ではなく3800円。」とのこと。どうやら印紙売りさばき場のおばさんが間違ったらしい。書類は受け付けてもらったが、隣に寄って正しい金額のものに替えてもらえとのこと。

検査ラインへ

場内は大混雑。検査の列の最後尾に並ぶ。二輪の検査レーンは独立しているのでガラガラなのだが、ここのお作法としては四輪と一緒に辛抱強く並ぶ必要があった。

f:id:gasguzzler:20200315103238p:plain

大混雑

f:id:gasguzzler:20200315103450p:plain

検査ラインまで

前に進むと検査官が書類、灯火類、寸法、車体番号のチェックを行う。何も改造していないので当然パス。「排ガスのテストのときはFというボタンが押されてるのを確認してくださいね~」と教えてもらう。

ここが済むと一気に二輪車検査レーンの入り口まで進むことができた。

 

f:id:gasguzzler:20200315104000p:plain

f:id:gasguzzler:20200315104019p:plain

 

検査(失敗)

検査レーンは無人でセルフサービス。スピードメーター、ブレーキは当然問題なし。

鬼門の光軸・・・Ninja1000は二灯式なので二灯式ボタンを押して検査、合格。。。。。

二灯式は、左右を別々に見るので片側をカバーして交互に検査、と書かれていることが多いが、検査レーンでそんな手伝いをしてくれる人はいない。なのでライトのカバーはせずラインに持ち込んだ。検査中は跨っているしかないのでどうなるかと思っていたが特に問題なかった。このへんの仕組は知っておきたいなぁ。

あと、Ninja1000(多分Z1000も)のスピードメーター検出、車速検出は後輪です

前に進み排ガス検査を受け、合格。

 

f:id:gasguzzler:20200315104135p:plain

排ガス検査

余裕だったなと思いつつ車両を駐車場に止め総合ボックスへ。書類を出して待つこと10秒、「排ガス検査受けてないよ!」

ガーン!!!記録忘れ!!!!

写真だと青い機械の左にあるポストみたいなのが記録機であった・・・

再検査

仕方ないのでまた大行列に並ぶ。検査機器のパネルで「通過」を選択し排ガス検査へ直行。

f:id:gasguzzler:20200315104315p:plain

当然合格するが忘れずに「ガチャッ」と記録して今度こそ終了。

f:id:gasguzzler:20200315104356p:plain

総合ボックスで確認OKをもらい、事務所へ書類を提出。

車検証交付

5分くらいで新しい車検証とシールが交付された。排ガスチェック漏れの敗因は、過去のユーザ車検では空いてることが多く、検査官が記録シートを機械に通してくれることが多かったので、あの紙と記録機の要領にちょっと弱かったんだと思う。

かかった費用と時間

費用

自賠責保険 9,680円

重量税 3,800円

検査手数料 1,700円

合計 15,180円

 

かかった時間

2時間半くらい。ただし混雑による待ち時間がかなり長かった。