読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯ブラシ選びの重要性

歯磨きは面倒である。

しかし歯磨きをさぼって虫歯や歯周病になるともっと面倒なことになる。なので、自分のためと思って歯磨きをしたほうが身のためだ。

歯磨きの仕方

文字で表すのは難しい。歯医者で歯磨きの仕方を教えてもらおう。私の経験上、歯磨きの指導をきっちりしてくれる医師はアタリである。
ただ一つ書くとすれば、毛先の開いていない歯ブラシで力を入れずに磨くこと。

歯ブラシ選び

歯ブラシは重要だ。
高ければいいわけではないが、使い捨て歯ブラシレベルのものとしっかりした歯ブラシでは天と地ほどの違いがある。
私はもうずっとデンターシステマを使っている。これは毛先が極細のタイプであり、歯の間や歯と歯茎の間、歯周ポケットまで毛先を届かせて歯垢を除去する。
この歯ブラシを評価している理由は2点ある。

  • デンタルフロスを使ったときに歯垢やカスの残りが少ない(歯ブラシで除去できている)
  • 全般的に歯と歯茎の状態が良好である

主観的な理由であるが、具合がよく使い続けている。ヘッドの硬さは好みだとは思うが、歯や歯茎にやさしいのは柔らかいタイプだと思う。 この考えからすると、毛先が球状に加工されている歯ブラシなどもってのほかである。※調べたら終売になっていた

デンターシステマ ハブラシ コンパクト 3列スリム やわらかめ 1本

デンターシステマ ハブラシ コンパクト 3列スリム やわらかめ 1本

 

 

歯茎から血が出る

歯茎が弱っている証拠である。速やかに歯科医を訪れるべきである。正しい歯磨きで改善できるはずだ。そういう状態であれば歯石が沈着している可能性も高い。その場合は歯科医に歯石除去をしてもらおう。歯石除去と正しい歯磨きで歯茎の状態は改善し、歯磨きに伴う出血は劇的になくなるはずだ。

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシ、ブラウン製を使った経験がある。ヘッドが回転するタイプである。しばらく使ったが、使うのをやめてしまった。歯磨きが終わった後のデンタルフロスで、思った以上に汚れが落ちてなかったからである。最近のラインナップを見ても、歯間を掃除することを謳ったヘッドがラインナップされており、あながち間違ってなかったと考えている。

結論

歯の状況を改善したければ歯磨きをきっちりすべきであるが、もう一歩踏み込みよりよい歯ブラシ選びと専門家による歯磨きの指導、自分ではできない歯石の除去を組み合わせることにより、よりよい歯と歯茎の状態を維持することができるだろう。また日常メンテとしてデンタルフロスも常用したい。デンタルフロスは糸ようじが手軽かつ歯垢除去能力が高くおすすめである。

小林製薬の糸ようじ? フロス&ピック デンタルフロス 60本

小林製薬の糸ようじ? フロス&ピック デンタルフロス 60本