オートバイのチェーンメンテナンスは必要?不要?

オートバイチェーンのメンテナンスは面倒

二輪車のチェーンメンテナンスが大嫌いだ。

手も道具も汚れるし、時間をかけて綺麗にしても結局飛び散ってホイールが汚くなる。作業場所だって必要だ。地面も汚れるので集合住宅でやるのは気が引ける。いろいろ技術が発達してるのに何でこんな原始的な機構がそのまま放置されてるのだろうか。加えてNinja1000はセンタースタンドがなくマフラー2本出しでとにかくチェーンの清掃がやりにくいのだ。
でも放っておくと真っ黒に汚れてくるししまいにゃサビが発生するので清掃するしかない、、、そう思っていた、ちょっと前までは。

メンテナンスフリー?

きっかけは某掲示板の書き込みだった。

チェーンメンテナンスの話題についたレス「今はチェーンはメンテナンスフリーだよ」をさっと読み流した。続きを読んでて、でもなんとなく気になってまた上に目線を戻した。

「メンテナンスフリー?そんなバカなことはないよね」

取扱説明書にもチェーンに油をさしましょうと書かれているし、オートバイ用品店にはチェーンメンテ用品が溢れている。油をささなきゃチェーンなんてすぐドロドロのサビサビになっちゃうじゃん。そんなの常識だよ。

ただこのとき、それで終わりにせずちょっと調べてもいいかな、と思ったのだ。きっかけはこれだけ。調べると言っても「オートバイ チェーン ノーメンテ」かとかで検索しただけなんだけど。

崩壊する常識

moto-ace-team.com

motorinformation.net

bike-ride.site

検索して上位に表示されたページを見ること30分ほど私の長年の常識はあっさりと崩壊した。あのドロドロ作業は別にやらなくてもよかったんだ。

そこに書かれていることやだ実証結果をいちいち細かく再編して書かないがざっくりまとめるとこんな感じ。

  • チェーンで潤滑が必要な箇所にはグリスが封入されているため外から給油する必要はない
  • チェーンに注油が必要なのは錆防止のためである
  • よってメッキ処理されたチェーンには注油する必要がない(メーカー純正のチェーンはメッキされてない)
  • チェーン自体の潤滑の目的で油をさしたとしても遠心力でその油は飛び留まらない

つまりゴールドチェーンなどメッキ処理されたチェーンを装着しているなら、日常メンテナンスは汚れの拭き取り程度で済むということなのだ。

自分はゴールドチェーンのようなパーツは見た目、おしゃれのためだと思っていたし、どうせ汚れるのになんで金ぴかにするんだよくらいに思っていた。メンテナンスの軽減に繋がるなんてこと考えたこともなかった。まさに目から鱗で過去の常識が一気に崩れた瞬間である。

チェーンのメンテナンスの為に頭を悩ませ金をどれぐらい使ってきただろうか。メンテナンススタンドを買ってみたりバイクを買い換えたらそのメンテナンススタンドが使えなくなったり、どうしてもやりたくないから用品店のピットサービスを利用しようと考えてみたりレッドバロンにチェーンの清掃ができるかどうか問い合わせてみたり・・・

今後は悩まなくてもいいんだ!忍者のチェーンを変える時ゴールドチェーンにすればいいんだし次のバイクを買う時は何なら最初からチェーン替えたっていいじゃない!それでチェーンのメンテナンスから解放されるなら安いもんじゃないか。

それほど面倒くさい作業なんですよ。

たかだか趣味の道具の話なんだけど、ずっと何の疑いもなく常識だと捉えてきたことがごくあっさりと覆される体験はなんか新鮮だった。